東京のクリニックで美容整形│自分の満足する容姿を手に入れるために

しっかりと休もう

婦人

東京の美容整形外科で整形手術を受けた後は、休息時間を設ける必要があります。二重の手術や脂肪吸引、隆鼻術などの手術を受けると皮膚が傷つくためその傷を癒すためにダウンタイムが必要だとされているのです。メスを使い切開した部分は一定期間、腫れや内出血を起こし目立ってしまいます。この内出血や腫れは数週間に及び続くため、その期間はあまり外に出ないようにしましょう。仕事もこの内出血や腫れが落ち着くまで行かない方が良いです。というのも、腫れや内出血を見たら整形をしたことがない人や整形に関して無知な人でも整形したなと気付くからです。別に整形したことがバレるくらい大丈夫だという人は、傷口から菌が入らないように注意しつつ傷口をぶつけないように気をつけるようにしましょう。隆鼻術をした人であれば、鼻に負担をかけないように過ごすことをおすすめします。また、鼻をぶつけるとかなり痛い思いをしてしまうので、コケて鼻をぶつけないように気をつけましょう。手術の内容によってダウンタイム中に気をつけるべきポイントは違います。この気をつけるべきポイントは、手術に着手した医師からしっかりとした説明があるはずです。ですから、その説明をしっかりと聞いておきましょう。もし、手術をした部位に何か異常が起きた場合は、再び東京の美容整形外科へ行き見てもらう必要があります。傷口から細菌が侵入してしまった場合は、後々大きな問題に繋がる可能性があるので要注意です。

日本人の鼻は、欧米と比べて低い傾向にあります。この鼻の低さは日本人にとって一種のコンプレックスとなっているのです。鼻はある程度高くて鼻筋が通っているのが理想的といえます。鼻の形が綺麗だと、横顔や正面斜めから見た時がかっこよく見えるのです。特に横顔で鼻は注目されやすいです。鼻の形さえ整っていれば、横顔が綺麗な人と評価されます。人によっては横顔が好きな人もいるため、そのような人からは特に絶大な人気を誇ることでしょう。鼻の形を良くするために使われているのが、プロテーゼです。このプロテーゼを鼻に入れ込むことで、鼻の形を大きく変えることができます。また、一度美容整形外科で隆鼻術を受けるとその効果は半永久的であるためそこからはまた隆鼻術を受ける必要が一切なくなります。場合によってはメンテナンスが必要になることもありますが、特に不便はしないはずです。東京の美容整形外科では、この隆鼻術も施してくれます。もちろん医師は最高レベルの腕を持っているため、手術で失敗するということはまずないでしょう。また、東京には人が多く様々な理由でそこに住んでいます。ですから、鼻を手術した後のダウンタイム中も外を歩いても特に注目されることもなく気楽だといえます。都会であればあるほど、周囲の人に意識をあまり向けないので安心して街を歩けます。もし、気になる場合は、マスクをして歩くと良いでしょう。

Go to Top